国宝当麻寺西塔の修理現場を公開します

国宝当麻寺西塔の修理現場を公開します

内容

平成28年度より実施している国宝 当麻寺西塔の保存修理工事が終盤を迎え、足掛け4年間にわたり塔を覆っていた素屋根(工事用仮設足場)が解体されました。また、劣化した基壇の石材も取替えられ、建立当初に近い姿を取り戻しました。これを記念して、以下の通り修理現場を公開します。





日時

2020年2月29日10時00分~16時00分(15時30分受付終了)

この件に関して詳しくはこちらへ