県立美術館企画展「富本憲吉入門」の開催

県立美術館企画展「富本憲吉入門」の開催

企画展「富本憲吉入門-彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか」開催

内容

奈良県が生んだ日本近代陶芸の巨匠・富本憲吉(1886―1963)。郷土を代表する芸術家として、奈良県立美術館では開館以来継続してその創作活動を取り上げてきました。没して半世紀以上過ぎてなお、その作品は高く評価されています。では富本はなぜ「日本近代陶芸の巨匠」と呼ばれるのでしょうか。そして富本の美の感性はいかにして育まれたのでしょうか。それを理解するための、富本芸術の入門編として本展を開催します。

会期及び休館日等

会期:2019年6月29日~9月1日
休館日:月曜日(ただし7月15日と8月12日は開館)
    7月16日・8月13日は休館
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

関連行事

○安堵町による連携展示
○講演会、美術講座、ギャラリートーク等
○ミュージアムコンサート 等



日時

2019年6月29日~9月1日

場所

奈良県立美術館(奈良市登大路町10-6)

この件に関して詳しくはこちらへ