学生が手がけた保存修復の成果を展示します

学生が手がけた保存修復の成果を展示します

よみがえるくらしの足跡

内容

当館は平成29年に京都造形芸術大学と連携協定を締結し、館蔵資料を用いた保存修復実習を実施してきました。本展では同大学の学生が1年かけて取り組んだ成果を、修復を終えた実物とパネルで紹介します。





日時

2019年5月11日(土曜日)~7月28日(日曜日)

場所

奈良県立民俗博物館 展示室

この件に関して詳しくはこちらへ