メニュー表示
切替

平成30年度 万葉古代学講座

平成30年度 万葉古代学講座

イベント期間:2018/12/22 ~ 2019/02/09


発表日: 2018年 10月 19 日
発表部署:
地域振興部 文化資源活用課
万葉文化館
担当係:
万葉古代学係
電話番号: 0744-54-1850

内容

 奈良県立万葉文化館では、最新の研究成果をわかりやすく紹介し、万葉古代学の推進と普及をはかるため、万葉古代学講座を毎年開催しています。
 平成30年は『万葉集』の編纂に関わったとされる大伴家持の生誕から1300年目の節目にあたることから、今年度は「大伴家持」をテーマに、当館の研究員がそれぞれの視点から取り組んできた問題についてお話します。

演題

12月22日「大伴家持の金を出せる詔書を賀(ほ)ける歌」
1月27日「古代国家における「観風俗」の意義―大伴家持の越中巡行から―」
2月9日「家持のみた雪景―中宮西院の応詔歌―」

講師・定員など

12月22日 井上さやか(万葉文化館指導研究員)
1月27日  吉原 啓(万葉文化館研究員)
2月9日  大谷 歩(万葉文化館主任研究員)
【定員】150名(先着順)
※申込不要・聴講無料



日時

2018年12月22日(土曜日)
2019年1月27日(日曜日)
2019年2月9日(土曜日)
各回14時~15時30分(開場は13時30分)

場所

奈良県立万葉文化館(奈良県高市郡明日香村飛鳥10)

この件に関して詳しくはこちらへ